CUE DIARY

佐藤 亮太 佐藤 亮太 2020/06/24 15:00 絶対に負けなくちゃいけない戦いが、そこにはある


東京ではドラマに映画の撮影も再開しはじめたようで、エンタメが戻りつつある日々を感じています。

こちら札幌でも無事に開催される事になりました、「札幌演劇シーズン2020夏」
過去に上演されて評判の良かった作品のみが選ばれて参加できる札幌演劇シーズンですが、その中でも特に評判が良かった作品がレパートリー作品として、再び札幌演劇シーズンに参加するのですが、今回、僕は初めてレパートリー作品に参加させて頂きます。

ここ2年間で4度目のお声がけを頂きました。札幌を拠点に活動している劇団「yhs」42nd PLAY「ヘリクツイレブン」
こちらのチケットが昨日から各種プレイガイドでも前売り券開始と、佐藤亮太扱いでの予約フォーム開設となりました。

http://ticket.corich.jp/apply/107786/105/

こちらのURLにアクセスし、必要事項を入力して頂き簡単にご予約が出来ますので、ご利用下さい!
ツイッターのハッシュタグは #ヘリクツyhs となっております。是非ご覧下さい!

毎日の検温、消毒、換気、マスク、フェイスシールドを駆使してお稽古しています。当日の劇場も可能な限りの対策をして座席の間隔を保ちます。様々な気持ちがありますが、上演をするからには出来るだけ多くの方に観て頂きたいという気持ちもあります。

一生懸命お稽古します。

草サッカーの練習試合のために集まった町役場の職員たち。そして始まる作戦会議。
だが、その内容は試合に勝つためのものではなく、なぜか負けるためのものだった。
相手は町一番の大企業、いわゆる『接待サッカー』である。
しかし、一人の新人職員がその作戦に異議を唱える。

「僕、負けたくありません」

圧倒的な正論に、ヘリクツで新人を丸め込もうと立ち向かう11人の戦士(同僚)たち‼
最後に笑うのは正論か、ヘリクツか ――。

このページの先頭へ▲