CUE DIARY

安田顕 安田顕 2014/08/04 08:31 8月4日月曜日

おはようございます。

と言いますか、本当は深夜のバス車内にて、書いてます。

安田顕ひとり語り2014〜ギターの調べとともに。

皮切りとなる、福井県小浜市、常高寺での公演が終了。
撤収作業後、一同、岐阜県各務原へと移動中。

常高寺。

ここで初日を迎えられて、本当に良かった。

マギーさん、古澤剛さんと、3人で積み上げて。
本番を迎え。

ここでしか成し得ない空間に、痺れました。

……無我夢中でまだまだ感じ取れない自分もいますが。


時折聞こえてくる電車の音、虫の声。

御釈迦様を後ろに背負って演じさせていただくなんて、恐縮しきり。


映像では感じ得ない、お客様とともに創り出された空間に、心より感謝。


初めて味わいました。

御来場、真に、ありがとうございました。


今度は、岐阜県各務原 村国座。

ここもまた、初めての場所。
また、違うものができあがることでしょう。


村国座へお越しくださるお客様へ(重要)。

チケットお買い求めくださり、真に、ありがとうございます。

村国座。
冷房施設がございません。
真夏の最中、大変、不自由をおかけします。

観劇中、水分補給をこまめにしていただきたく。
何卒。

受付テント内にて、水をお買い求めいただけるようにしていただきました。

水分補給。重ね重ね、何卒、お願い致します。

初めての場所、空間で、懸命に演じさせていただきます。


本日も、頑。

ではでは。




このページの先頭へ▲