CUE DIARY

CUE DIARY

河野真也 河野真也 2016/12/09 18:32NEW! すっかり雪景色

ファンミの時は雪のない札幌でしたが、今はしっかり積もってさらにツルツル。

しっかりと、冬がやってきました。

ファンミ翌日、大通公園のミュンヘンクリスマス市に行ったら、ファンミに来られていた方がいらっしゃってご挨拶。
その翌日、HTBでファンミに来られていた方とご挨拶。
その翌日、立ち寄ったコンビニでファンミに来られていた方とご挨拶。

札幌じゅうにファンミ参加者の皆さんがいらっしゃったようです。

遅くなりましたが、ファンミに参加された皆様、ありがとうございました!
フォトダイにあげた豚丼屋さんに「行ったよ〜!」というコメントもたくさんいただき、満足してもらえたようでよかったです^_^


そして安田さん、改めてお誕生日おめでとうございます。
楽しみ過ぎて追い越しちゃった安田さんが大好きです。(ある回のファンミ)

大泉エッセイ、海外での発売おめでとうございます!
台湾に旅行に行って本屋さんに並んでるの見たいなあ。その為だけに台湾行ったりしたいなあ。
サイン会やって下さい!僕、行きます!!


さあ、2016年も残り1ヶ月をきりました。
気合い入れて!
風邪をひかないように!
インフルエンザにならないように!

一生懸命お仕事頑張りましょ〜!!!

このページの先頭へ▲

藤尾仁志 藤尾仁志 2016/12/09 15:40NEW! ファンミからもう1週間ですか、、、

早いですね。

あの楽しい時間が終って、「今年も終ったな〜。」なんて事を感じながら過ごす1週間でした。

大掃除はいつする?実家に帰る?帰らない?帰るなら飛行機は空いてる???年賀状のデザインは???その前にクリスマスは?息子がサンタさんにお願いするプレゼントが毎日変わるんやけどどうする?何このヤフーニュース?大泉エッセイが海外でも売られるの!?スゲ〜!ファンミでみんなでお祝いしたけど、安田さんの誕生日か!おめでとうございます!

そんな感じで今日を迎えております。

でも、まだ12月9日なんですよね。

意外と通常運行の日々が残っているんですよね、、、。

もう少し気を引き締めて頑張らなければ!

この後、イチオシ!で押尾コータローさんの生演奏が聴けるみたいです。

楽しみ!

そんな訳で、素敵な年末年始を迎えたいですね〜。






このページの先頭へ▲

大泉洋 大泉洋 2016/12/08 14:21 いやいや!いきなり2つ情報解禁になりましたな!!

まずは!私、真田信之こと大泉洋!ついに信州上田に凱旋しますぞ〜!!

いやーなかなか真田丸関連のイベントに行けず忸怩たる思いでおりましたが、ついに行けます!!

しかも、会場があの青天の霹靂でもお世話になった、上田映劇さんですよ!!

こんな嬉しいことはありません!!
待ってろ!長野の人々ーー!!
そして大好きな上田映劇支配人コマさーーん!!

あ、チケットの取り方はNHKさんの真田丸のホームページの、「イベント」の中の「真田丸トークトークトーク」の中の更に「緊急スピンオフ企画」のところを見てね(^ν^)


まぁCUEのホームページのニュース、イベントから飛べます。



そしてそして!

なんと「大泉エッセイ」が海外で出版されることになったってさー!!


これもびっくらこいたねー\(//∇//)\

台湾、香港、マカオって、誰か読んでくれる人いるのか(笑)

でも海外の人がどんな風に読んでくれるのかとても気になります!!

いやーサイン会開きたい!!

例えだれも来なくても(笑)

とにかく未だに買っていただける人がいるというあの本には我がことながら驚かされます(笑)

ありがとう大泉エッセイ、


ありがとうございます皆様。


よーし待ってろー台湾、香港、マカオー!!

くだらない本が君たちの元へ飛んでくぞーー!!!

びっくりさせちゃっからなぁーーー!!!

このページの先頭へ▲

安田顕 安田顕 2016/12/08 13:06 御礼

撮影中。

遅ればせながら、ファンミーティング、
ありがとうございました。
そこで誕生日をお祝いしていただき。
毎年、皆様にお祝いしていただける自分は、本当に幸せものだと、
しみじみと感謝の思いがつのるばかりです。

本日、43歳になりました。

両親、家族、友人、仲間、
ファンの皆様。
心から御礼申し上げます。

いつも、本当にありがとうございます。

これからも、
なんだかんだと、
なにやかにやと、
やんややんやと、
あーだこーだと、
そんなこんなで、
人生歩んでいきましょうね。

これからも、よろしくお願いいたします。

またね。

このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2016/12/06 18:04 通常営業。

ファンミーティング、

今年もたくさんの方々が、いたる所から来て頂いて、

誠にありがとうございました!!


また、来年盛り上がりましょう!!

(と、その前に来年5月にまたイベントがあるんですが)




さて、昨日はオフでゆっくりと休み、

本日は新たな作品のクランクインでした。


XXからファンミと、特別なイベント続きで、

本日はようやく「現実が始まった感」を感じておりました。


今年も、仕事納めまで気を緩めることなく、

駆け抜けたいと思います!

皆様も、共に頑張りましょう!


このページの先頭へ▲

小橋亜樹 小橋亜樹 2016/12/05 18:56 ファンミーティングありがとう!

今回も3500人のファンの皆様と時を紡げ、心結ぶ事ができ、本当に感謝です。ありがとう!


全国各地からこの為に休みを取り参加してくださったお客様に心熱くなります。


みーんなが笑顔なんですもん。
みーんなが喜々としているんですもん。

当たり前じゃない日常の積み重ね。
当たり前じゃない皆さんとの出会い。

繋がるには訳があるんです。


『ありがとう!』


毎年毎回毎日いつも「こころ」に思ってる。

これまでも、そして、これからも。


このページの先頭へ▲

北川久仁子 北川久仁子 2016/12/05 18:35 はぁ〜楽しかったね

はじまる前から皆さんのお顔を見るのが楽しみで、
ステージ袖でニヤニヤがとまりませんでした。

沢山の笑顔に出会って幸せになって、
ハイタッチでいろんな声をもらってパワーをもらって。

年に一度、いろんな思いで身が引き締まるイベントです。

ファンミがあるから翌年も頑張れる。
新年の目標が定まってきます。

どうぞ皆様、いつまでも叱咤激励してください(笑)

そして、

表にいても裏にいても楽しいのがファンミ。

なんでしょう。

アレに似てるんですよ。
同級生に久々に会う感じ。

多くの方との絆を感じられるファンミ。
また皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

このページの先頭へ▲

河野真也 河野真也 2016/12/01 19:03 さあ!さあ!

いよいよ、ファンミでございます!

XXで盛り上がったあと、すぐにファンミ!

明日の天気が荒れるという予報が出ておりますが……

なんとか、皆さん集まって、盛り上がりましょう!!!

フォトダイにオススメのお店を何軒かあげたので、ご参考にどうぞ^_^

もちろん、「麺や虎鉄」さんでラーメンとザンギもお楽しみ下さい!

今年は大通公園のホワイトイルミネーションがバージョンアップして、よりキレイになっております。こちらも、合わせて楽しんで下さい!!

さあ!さあ!始まりますよ〜!!!

このページの先頭へ▲

大泉洋 大泉洋 2016/12/01 11:54 XXが終わり、明日からファンミ(^_^*)

いやーすっかりダイアリーあげるの遅くなっちゃった(^_^*)

ごめーんね(43歳のおっさんが目一杯可愛く舌出してウインクしてる画を想像して下さい)

最高に楽しかった20周年イベントで私自身が楽しんだ分、全てが終わった後は娘孝行をびっちりしてました。

娘には寂しい思いをさせましたが、その分ファンの皆様とは最高に楽しい時間を過ごしましたな。

みんなも言ってるけど、10年頑張ったご褒美のようなイベントでした。

これを毎年やったらさすがにお客様は離れる(笑)

ここから10年、また5人で苦労して30周年で振り返られる思い出を作りますわ。

散々言ってきましたが、最後にもう一度。

メンバー、スタッフ、そしてファンの皆様。

20年、見守ってくれて本当にありがとう。

これからもまだまだよろしくお願いします。


さぁ!!

おい、明日からファンミだ(笑)

どうなんだこのスケジュール(笑)
ずっとファンイベント(笑)

まぁ、こんな年もあっていいか!

今年の最後に盛り上がるべ!!

待ってろー

待ってろガトキーン!!!

このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2016/11/30 23:00 XXが終わり……

明後日からもうファンミ。

なんだか「ファン感謝イベント」ばかりやっている気になります(笑)



ありがたい。



この「ありがたい」という感情ばかり感じてたイベントでした。


東京でもイベントの最後のご挨拶で言ったんですが、

いつもの舞台と違って今回のイベントは、

客電(お客さんが座るスペースの照明)が落ちきらなかったんです。

お芝居ではないから。


その結果、

お客さんの顔(表情)が、ステージにいる我々にも良く見える。

これがいつのも舞台とは明確に違った点でした。



皆さんの

「うん。何やってもいいよ。お母さんたちが見守っててあげるから」

と言ってるかのような、優しく、生暖かい気持ちが、

こちら側に終始伝わってきて(はい、勝手に俺がそう思ってただけ)

本当にこちらの方が、XXというイベントを楽しませていただきました。

(男性のお客さんも本当に多いイベントでしたが、

 俺は勝手に全てひっくるめて【お母さん】だと思いました)



ここまでのイベントができた理由。


ひとえに、皆様のおかげであり、

まさに「20年やってきた歴史」のおかげではないかと、

私は思いました。


ここまでこのメンバーでやってこれたのが、すでに奇跡。


でもそれは、

皆さんの、あの「笑顔という土台」があってこその奇跡なんだと。

本当、ほんと、いやマジで痛感させられました。



ここまできたらね、

「記録に挑戦」的な気持ちもありますよ。


それは「どこまで皆さんを飽きさせないか?」ということに対しての挑戦ですし、

結果、NACSって集団がどこまで集団としていられるか?

という挑戦です。



「やってやろーじゃねーか!」



本当にありがとうございました!


私たちは、まだまだ、これからも走り続けます!



では、ファンミでまたお会いしましょう!!


このページの先頭へ▲