CUE DIARY

CUE DIARY

戸次重幸 戸次重幸 2015/01/26 18:26NEW! 東京最後の2ステ攻撃

も、この後のソワレで終わりです。

あとは、大阪の土曜のみ。

「ここまで来たぞ孫悟空」的な思いです。

(休憩時間、西遊記のDVD見てました)


さあ!やりますか!



本日はこれにて失礼します。

では、また明日!

このページの先頭へ▲

鈴井貴之 鈴井貴之 2015/01/26 00:09 10日

カメヤの話で盛り上がっている中、書き込んでも良いでしょうか?

ドラマ24「不便な便利屋」撮影から10日が過ぎました。個性溢れる俳優さんの演技に魅了されています。

俳優さんからの「監督、これでいいのw?大丈夫w?」と質問に僕は「大丈夫です。
このドラマにブレーキは必要ないですから」と答えています。
ホワイトストーンズモードですからね。
みんなブチ切れています。

冬の北海道ですから、みんなガチで雪まみれになって頑張ってくれています。

一方で撮影している地元の方々のご協力にもありがたく頭が地面にこすれます。
冬の北海道ですから雪が降ります。雪が降れば除雪をしなければなりません。
除雪をしなければ撮影どころか、現場にたどり着けないこともあります。
天気予報はありますが、雪はいつ降るのか誰も教えてはくれません。急な大雪にも地元の方は即座に対応してくださり、撮影は進んでいます。

プロデューサーから昨日聞きました。
いろんな所で協力してくださる方々が言うのは「なんもさ、大丈夫」そして、「俺らが鈴井さんを男にしなきゃさ」泣くね。
いや、泣いたね。
今も書きながら涙がこぼれてる。

ありがとうございます。
いろんな人々の協力無しでは作品は生まれません。

まだまだ続きますが、ありがとうございます。

雪焼けでほっぺたが痛いです。
日焼け止めを塗るのを忘れたのでもうほっぺたが真っ赤でリンゴっ子になってしまいました。

このページの先頭へ▲

大泉洋 大泉洋 2015/01/25 23:30 カメヤ本当に懐かしい。

良い舞台ですよカメヤは。

イナダで一番好きなのは亀屋ミュージック劇場(ホール)です。

いつか昔のメンバーで再演したいなぁ。

あ、ライナスも好き。

イナダさん頑張ってね。

このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/01/25 17:54 イナダ組。

思えば、私に芝居の基礎を教えてくれたのは、イナダ組でした。

カメヤの頃には私は退団していましたが、

イナダ組の作品の中でも名作です。

皆さん是非ご覧いただきたいです。



さて、今日も昼公演が終わり、

帰宅後、掃除をし、早くも自宅にて打ち上がってます。


最近AppleTVを購入し、Hulu三昧な私。

ヤバいです、Huluは。

映画だけでなく、テレビ番組もなんて、楽し過ぎです。



が、

相変わらずテレビ本体の電源が入ったり、

入らなかったりするので、

先ほどようやく修理の要請を……「また」しました。



この怒りは、どこに持っていけば良いんでしょうね?(笑)


……。


いえ、全然笑えません。

このページの先頭へ▲

森崎博之 森崎博之 2015/01/25 15:30 イナダ組に行ってきました。

2004年に上演した「カメヤ演芸場物語」。
音尾と、大泉と、俺と。
三人揃ってイナダ組に出演した最後の作品かな。

その再演が琴似コンカリーニョで2月1日まで上演しておりまして。
昨日見に行ってきました。

初演では看板女優の棚田佳奈子が熱演していたカレンさんを支えていた事務員役の山村素絵。
その素絵が、再演でカレンさんを務めておりました。

初演出演者は、彼女だけ。

彼女がカメヤを支え続けていてくれたように錯覚して、登場だけでうるっときました。

若い役者もいっぱい出ていたし、相変わらずHTB藤村さんも出ていて・・・
なんだろあの人、フツーに舞台の上にいる人になっちゃったな!

10年前とはまた違う、新しいカメヤ演芸場がありました。

昔の衣装のKEMEちゃんに会ったぞ!
懐かしかったなぁ。
KEMEちゃんは20歳くらいの汚い俺たちを、ちょっとだけオシャレにしてくれたよなぁ。

いろんなこと思い出したなぁ。
思い出すこと、ニコニコすることばっかりだ。

イナダは今年55歳だって。
彼の還暦祝いにでも、またあのメンバーで舞台に上がりたいな。
J、江田、岩尾、棚田、達子、素絵、庄本、野村。
みんな元気かなぁ。

昨日の酒は相当美味しかった。
琴似で懐かしの顔ぶれと、なぜか新参者の藤村さんという不思議なメンバー。

テレビでは言いなりだけど(笑)、ここでは俺の方が先輩だからね!

でも乱暴者にほぼ歯が立たず、かなり噛み付かれたわ。



今後の上演日程書いておくね。
とっても楽しい舞台です、是非見に行ってね!!




26日(月) 19:30開演
27日(火) 休演日
28日(水) 14:00開演 / 19:30開演
29日(木) 19:30開演
30日(金) 19:30開演
31日(土) 14:00開演 / 18:00開演
2月1日(日) 14:00開演

場所はコンカリーニョ、札幌市西区八軒1 条1 丁目 ザ・タワープレイス1F
TEL:011-615-4859

チケット予約ページ
https://ticket.corich.jp/apply/60627/


このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/01/24 22:10 家は最高ですな。

舞台で疲れ切った身体を、

手製の料理と酒で癒す。

最高です。最高のひとときです。



40歳を過ぎ、すっかり外で飲まなくなり、

引き蘢りか?ってぐらい、だいたい家にいます。家で飲んでます。

しかし、美味いものが食べたいので、

どんどん料理のレパートリーが増えてきました。


今ハマっているのは、煮卵。


売れます。私の煮卵。


半熟加減がプロレベルです。


1個100円で売りたいです。




さて、

スタンドバイユーはあと3日、4ステージを残すのみ。

湯船で腰を温め、ぎっくり腰予防に励みながら頑張ります!




追伸

またアップが遅くなり、すいません。


このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/01/24 20:25 2ステ終了です。

帰ったら、本格的に書きます。

このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/01/23 21:01 帰宅しました。

公演後、取材を3誌していただき、只今帰宅しました。

今日の東京は風が強く、

帰り道の自転車では風に煽られ、あわや転倒という瞬間もありました。


さて、スタンドバイユーもあと4日。

最後まで頑張ります!



そして、昨日はフォトダイ共にアップが遅くなりすいませんでした。

あまりに遅くに書くと、

マネージャーが気付きにくいという事態になると学習しました。


今後はなるべくもう少し早い時間に、上げたいと思います。

(と言いつつ、今日もこの時間ですが……)



では、また明日!

このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/01/22 22:10 そうなんです。

今日は、ハナタレが全国放送されるというニュースが、

いろいろと報道された日でした。


私のコメントは「迷惑です」などとありましたが、

すいません。

会見のときの「ノリ」で口走ってしまいました。

本心はと言えば、嬉しいというか、恥ずかしいというか……。


DVDも何枚も出ているのにおかしいんですが、

なんというか我々にとってハナタレは

「北海道というホームの人たちのみになら、我々の素の姿を見せてもいい」

という空気がありまして。


おそらくドラバラからお世話になっている、

HTBのスタッフさん達とのアットホームな関係も、

多分に影響している思われます。


その我々の「素」というか「真」の姿を、

お昼の時間帯に見られることに……

やはり、恥ずかしさを感じざるを得ないという気持ちです。


しかし、ロケ自体は大変楽しいものになってますので、

やはり、たくさんの方に見ていただきたいです。

(はい。どないやねん?です)



では、また明日!

このページの先頭へ▲

森崎博之 森崎博之 2015/01/22 15:20 も日記。

ハナタレナックス全国版がついに公にアップされだしまして。
新聞にも載ったみたいですね。
いやぁ何でしょう。この「あんまり知られたくないぞぉぉ」という気もちは(笑)


確かに12年続いてきた番組がこうして全国放送になるというのは喜びでもあるのですが・・・
ハナタレはなぁ・・・


いっこも全国放送目指してなかったもんなぁ。
北海道の、深夜の、あまり誰も見てない時にこっそりオッサン5人が屁こいたり、でんぐり返しする番組だからなぁ・・・


でも喜びの声が届いておりまして。
ついにうちの県でもハナタレがオンエアされる!
5人に会える!
と。


それは嬉しいです。
喜んでもらって、とっても嬉しい。


ただなぁ・・・
日曜の昼オンエアってなぁ・・・
せめて深夜3時とかだったらよかったのに。


ささやかな抵抗として、嘘の日付書いておくわ。


2月31日深夜3時、
ハナタレナックス全国版、ちょいのり東川編
是非見てね〜!




あ。それとは別に。
こちらは是非見てね。
本当の日時と正式タイトルです(笑)

2015年1月23日(金)
12:05〜13:00
TVh「テレビ北海道 道北エリア開局記念特別番組 北海道愛 キタ!自慢V選手権」

MCで出演します。

明日の昼!北海道の皆さん、よかったら見てね。




このページの先頭へ▲