CUE DIARY

藤尾 仁志 藤尾 仁志 2018/08/04 22:43 明日

詳細のアドレスは河野の書き込みの中にありますが、”介護フェス”というイベントに参加させて頂きます。

正直、細部までは把握し切れていませんが、送られて来た資料やマネージメントの言葉を拝見する限り、熱い想いのこもったイベントです。

介護のお仕事に関心のある学生さん向けという事で、お集まりになる皆さんの人生に何かお役立ちできればと思っています。

自分の思い描く未来、予想もしていない未来、どこにどんなきっかけがあるのか、、、

何かのきっかけになる時間になればと思っています。

もし、気になる方がいらっしゃれば会場でお待ちしております。

さて、

ジャンボリーから一週間が経ちました。

早い!

もうそんなに経つ!?

素直な今の気持ちです。

今回のジャンボリーの打ち上げは今までに経験した事のない感覚に襲われました。

人と言葉を交わすと涙がこみ上げてくるんです。

大泉さんとは、とある話題で見つめ合いながら涙し合い、、、

シゲさんがはしゃぐ姿に涙が溢れ、、、

音尾さんに関しては、視界に入ってくるだけで涙腺がゆるむ、、、(あの日の音尾さんは愛の象徴とでもいいましょうか、、、パワースポットとでもいいましょうか、、、森羅万象の源のような、僕にはそんな風に見えていました。←本気で言ってます!笑)

温かい気持ちが飽和状態の打ち上げでした。

改めて、お客さんはじめ全ての皆様に感謝です。

そして、

今回特に感じたのは、

ジャンボリーを立ち上げた会長、そこに感動と爆笑のスパイスを加えてきたリーダーに大泉さん、そんな歴史に新しい風を吹かせた音尾さん、、、

歴代のプロデューサーのバトンがしっかり受け継がれて今がある、、、

そんな事を感じました。

2002年のジャンボリーから出演させて頂いている、今や古株となったオクラホマはそんな事を改めて感じるジャンボリーでした。

また2年後です!!!

元気にお会いできる事を楽しみにしています!!!

次のプロデューサーは誰なんやろか、、、


このページの先頭へ▲