CUE DIARY

戸次重幸 戸次重幸 2017/12/15 19:00 遅ればせながら

ファンミーティングご来場、誠にありがとうございました!

『ジャズ』というテーマ。

正直ピンとこないまま迎えたファンミでしたが

思いの外全員ハマってました。

(なかには歌だなんだというよりも、その凄すぎる「パフォーマンス」に

 圧倒させられっぱなしだったユニットもありましたが(笑))


生演奏していただいたバンドチームと

総監督のターナーカーさん(いつもありがとうございます!)

のおかげであります。


そして、いつものように我々の提供するものを

5割り増しで楽しんでいただける

「CUEのプロ」である皆様のおかげでもあります!


またこれから1年、皆様に楽しんでいただくという決意が

胸に芽生えました。

ありがとうございました!!




と、い、う、わ、け、で!



楽しんでいただきますよ〜〜〜。



NETFLIXで!!


NETFLIXオリジナル作品『僕だけがいない街』でぇ!!!

(太字にしたい〜〜〜!!)




12月15日の本日から、最終話まで一気に配信開始!!


皆様と同じ感覚でこの作品を楽しみたいので

私も今の今まで、完成作品を観てませんでした。


そして、先ほど観ました。


1話だけ。





「…………普通に、映画だ!!」





ジャンルとしてはドラマとなってますが


これは映画です。


30分12話で、6時間の長編映画を観ていただく感覚です。


それぐらい、まず、画が素晴らしい!!美しい!!


現場でもそういう認識で監督とは話していたんですが

形になって、目で確認すると「ここまでとは!」という感覚に陥りました。




この作品は私にとって

ちょっと形容のしようのないぐらい、大事な作品なんです。


まず私は、原作ファン。


だから漫画原作が実写化されるときの

ファンの皆様の様々な感情を、この作品に関しては

誰よりも理解しているつもりでした。

そういうスタンスで、現場にいました。


つまりこの作品は


「勝手にファン代表と思っている相当うるさいファンが

 撮影現場から目を光らせていた作品」


ということになるんです。


実際、原作にはあるが、脚本段階で落ちていた台詞なんかも

もちろん監督の承認の下、復活させましたし。

台詞一行の中の、単語の順番までなるべく原作に合致するように

気をつけて、その都度その都度監督に打診してOKもらってました。


私が監督だったら、こんな役者絶対嫌だったと思います。


「細かいな〜〜。コイツ……」


たとえそう思われても、僕街ファンにストレスを抱かせることの方が大問題。

三部先生にも、申し訳が立ちませんから!


そんなめんどくさい奴が、役者として

しかも、あの「八代学」として参加してるんです。



役者人生、思いっきりかけましたね。



しかしその再現率も、やはり100%完璧にとまではどうしてもいかなく

若干、本当に若干の差異はあります。


しかし、許容範囲!と、私は思ってます!


それを踏まえても、ここまで原作に忠実に実写化した作品は

近年稀なんじゃないか?本当にそう思える作品です。


では、なぜそこまで原作に忠実であることに

こだわるのか?



それは【僕だけがいない街】で検索していただければ速攻わかります。

『このマンガがすごい!』でも3年もランクイン。

フランスでも「なんかめっちゃ面白い日本の漫画」として評価されまくってます。

(詳しくは調べて観てください)


それぐらい


「原作がすでに超絶面白い作品」だからなんです。


だから、忠実に再現することに意味があるんです!!




熱くなりすぎてしまい、申し訳ありません。

とにかく、観ていただきたい作品過ぎまして…………。


長文、失礼しました。


今日は2話まで観て、寝ます。

(見終わるのが、嫌なんじゃーーーー!!)

このページの先頭へ▲