社会・地域への取り組み>「CUE DREAM JAM-BOREE 2016」におけるグリーン電力の活用について

「CUE DREAM JAM-BOREE 2016」における
グリーン電力の活用について

株式会社クリエイティブオフィスキュー主催イベント「CUE DREAM JAM-BOREE 2016」(2016年7月29〜31日開催)では、ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社が発行する「グリーン電力証書システム」により、北海道室蘭市祝津風力発電所で発電された電力を活用いたします。

HOKKAIDO ENERGY GREEN 「グリーン電力」とは 風力、太陽、バイオマス、地熱、水力などの自然エネルギーによって発電された電力のことです。自然エネルギーは発電するときにCO2(二酸化炭素)を排出しないエネルギーです。また再生可能であるため環境への負荷が小さいとされています。

「CUE DREAM JAM-BOREE 2016」会場で使用する電力量のうち3,000kWh分を「グリーン電力証書」として購入することにより、約2トンのCO2排出削減に寄与します。

※「グリーン電力証書システム」は、風力・太陽光・バイオマスなどの自然エネルギーで発電された電力について、その環境付加価値(CO2排出削減等)をグリーン電力証書として購入することで、その電力を使用していると見なすことができるシステムです。
※排出削減量の計算に当たっては、最新の北海道電力の排出原単位である0.688kg-CO2/kWhを使用しています。
※「CUE DREAM JAM-BOREE」は2014年開催時もグリーン電力を導入、2010年、2012年開催時はカーボン・オフセット制度を活用させていただきました。

PAGE TOP▲