CUE DIARY

CUE DIARY

戸次 重幸 戸次 重幸 2018/09/19 23:00NEW! 節電解除!!

苫東厚真火力発電所1号機の再稼働のおかげで

本日の18時をもって、北電の要請する北海道の節電が解除されました。


北海道の皆さん、本当におめでとうございます!

そして、お疲れ様でした!!

そして、ありがとうございました!!!


ニュースで節電の解除されたすすきのの様子や

狸小路、テレビ塔の、いつもの風景を確認できて

私もほっとしました。


本当に「いつもの」というその言葉、その意味は

こんなにもありがたいもの、奇跡的なものなんだと、実感しております。



とはいえ、電力が戻ったというだけで

北海道の受けたダメージは、依然完全には回復しておりません。



避難所生活をされている方々は今ももちろんいらっしゃいますし

物流を含め、特に今回風評被害による北海道の観光が受けたダメージは

今後も即解消されることは、なかなか難しいのも現状です。


しかし、この節電解除という現状は

復興のための、重要であり、最初のステップであると考えます。


我々も今後、「北海道の完全復興」のために

「何をするべきか」「何ができるか」

を事務所一丸となって考え、実行していく所存です。





節電解除!


本当に、嬉しいです!!


本当に、本当に、本当に!


北海道の皆さん、よくやってくれました!!!!


ありがとうございました!!!!!!!






このページの先頭へ▲

佐藤 亮太 佐藤 亮太 2018/09/17 22:00 「いろは百鬼夜行」完走!

札幌サンプラザホールで上演しました、ミュージカルユニットもえぎ色「いろは百鬼夜行」ご観劇頂いた皆様、誠に有難うございました。
昨年に引き続きお声がけ頂きまして光栄でした。
今回の公演は、皆様もご存知の通り北海道で大きな地震が発生してしまい、こんなに身近で様々な思いがあるなかでの上演でした。
音楽、照明、映像などの要素でド派手な舞台というのが、もえぎ色さんの特徴であります。自粛する雰囲気が漂う中「この舞台は今までに準備したモノを全て出す」と決めた、代表のもえぎさんの覚悟はエンターテイナーとして格好良く見えました。

今回の舞台は、妖怪が列をなして夜中に練り歩く「百鬼夜行」をテーマにしており僕は河童のカワタという役を演じました。原作の小説や漫画はないけれど、妖怪という非現実なキャラクターで2.5次元舞台の様な要素もあり、演技面でもビジュアル面でもカワタというキャラクターを作る過程がめちゃくちゃ面白かったです。

またアクションシーンでは、殺陣のアイデアを出させて頂きました。当初はアクションシーンが無い舞台になるはずだったのですが、紆余曲折ありまして、あの様な形になりました。僕が考えた殺陣を多くの役者に演じて頂き、今までに感じたことのない緊張と楽しさがありました。自分が出ていないシーンで殺陣がある時は舞台袖からハラハラ見守っていました。演じてくれた役者の皆さん、アクションシーンをある程度任せてくれたもえぎさん、本当にありがとうございました!!!貴重な経験をさせて頂きました。
お客様、今回の殺陣シーンはいかがでしたか?

札幌で活動している劇団としては珍しく、本編の上演中に写真撮影がOKというコンセプトの劇団です。ツイッターのハッシュタグ「#いろは百鬼夜行」で検索して頂けると様々な方が撮った劇中の写真でお楽しみ頂けると思いますので、是非ご覧ください。

ご観劇頂いた皆様、誠に有難うございました。
トザワ、リオンちゃん観劇に来てくれてありがとう。

このページの先頭へ▲

安田 顕 安田 顕 2018/09/16 12:00 9月16日 日曜日

スタジオ楽屋。

今日は、下町ロケットの撮影です。

東京は晴れ。
少しだけ、蒸し暑いくらい。
かなり過ごしやすくなりました。

みなさんの街は、今日はどうですか?

映画『愛しのアイリーン』。
9/14日、公開となりました。
さまざまな感想、真に感謝。
室蘭に住む両親も観てくれたようで。
「凄い映画だった」
と感想を送ってくれました。

こういった時期に映画を観てくれたこと。
みなさん、ありがとう。

それと。
札幌テレビさんが、
今日、こないだの「アナザースカイ」を再放送してくれるそうです。

STV「another sky」
2018年9月16日(日)
16:25〜16:55
9/7に放送された内容の再放送になります。
北海道のみの放送となります。

ありがとう。

今日も、がんばります(^^)




このページの先頭へ▲

小橋 亜樹 小橋 亜樹 2018/09/16 08:00 北見へGO!GO!

只今道央自動車道ひた走り、北見市へと向かっております。

二週にわたり中止になっておりましたイオン北海道キャンペーンイベントですが、ここ北見から復活です。

イオン北見店(北見市北進町1丁目1-1)
日時:9月16日(日) 12:00〜/15:00〜
場所:2階とんでん通出入口前
TEL:(0157)66-3100


いまだ地震の影響で避難生活を余儀なくされている皆様。
被災されたおじいちゃまとお話をする時間があったんだけども、すこしずつではあるけど前に進んでるとおっしゃっていました。
そして
『なーんも、なんも、今までと同じことしかできねぇもの。生きてるからだいじょーぶだ。またな』
と。
《またな!》ってなんかちからもらえる言葉だなぁってあらためておもったもんね。

今日は北見で歌わせていただける。

始まる前からなんなんですが、またね!と言える皆さんと沢山の手繋ぎ心繋ぎができますように。

たくさんのお越しお待ちしてます(^○^)

このページの先頭へ▲

河野 真也 河野 真也 2018/09/14 23:00 今日のオススメ

まず、大泉さんが僕のことを褒めて終わっているダイアリーに驚愕しました。

今までは、褒めては下さっても、必ずどこかに僕をくさす内容を入れる。これが定番でした。
それが、褒めたまま終わっている。



皆さん、永久保存版です。



そして、藤尾とコンビを組んで19年。
僕のことをこんなに理解してくれているダイアリーを書くなんて、初めての事。



皆さん、永久保存版です。



さて、またまたロケが延期になりまして、今日もあいたので、安平と厚真に行ってきました。

安平の友人に、
「必要なものを、ほんまに遠慮なく言って。どうせ行くんやから」
と何度も何度も言って、やっと言ってきたのが、ユニクロのブラトップ。

洗濯もできない、買いに行く暇もない、だからそれを頼んできたんですが、買うの勇気いるな〜。

見た目はタンクトップですけど、つまりはブラですからね。

僕がパッと見、必要かもと思うくらい、おっぱいがあるだけに、ね。



結局、セールが行われていた昨日、妻が買ってきてくれて、今日持って行きました。

食べ物飲み物は結構あるということで、お土産に選んだのはケーキ。

札幌市清田区にある洋菓子店「ドルチェヴィータ」へ。
ロケやプライベートで何度もお邪魔している、道産素材にこだわった美味しいケーキ、パン、焼き菓子のお店です。

液状化で大変な被害があった清田区里塚の映像を、たくさんの方が見られ、胸を痛めたと思います。事実、今も、大変つらい思いのまま不安を抱えたまま過ごされている方が多くいらっしゃいます。

ただ、清田区は広くて、お店は元気に営業しているところがほとんど。
だから、安心して、清田区にも足を運んでもらいたいのです。

「ドルチェヴィータ」さんは、電気が復旧するとすぐにお店を始められたとのこと。土日はパンを買う人でいっぱいだったけど、月曜からはお客さんがだいぶ少ないということでした。
ショーケースに並ぶケーキやパンなど、いーーーっぱい揃っていたので、ぜひ!オススメです!美味しいですよ〜!

http://www.dolcevita.hokkaido.jp/


今日、安平に向かったのは、友人に会うためと、おそば屋さん「そば哲」のご主人に会うため。

安平に2店舗あるおそば屋さんで、こちらも中継やプライベートで何度もお邪魔しています。時期によっては自家栽培のそば粉も使われている、こだわりの自家製粉のおそば屋さん。
安平店と遠浅店があり、今は安平店のみ営業されていました。
まだ、水は通っていないんですが、電気が通り、地下水を汲み上げるポンプが動いたので、営業できているとのこと。3つの甕に入れてあった“かえし”はすべて失ってしまいましたが、300kg以上ある石臼の機械が倒れながらも壊れていなかったそう。
今は新そば。10月末になれば、今日刈り取ったそばの実からできるおそばを食べられるようです。
ご主人曰く、
「たっぷりとおそばはあるので、町外の人も、気にせずぜひ食べに来て下さい」
とのことでした。まだ、お昼営業だけで、メニューも限られてはいましたが、美味しいおそばをぜひ!オススメ!!

http://www7b.biglobe.ne.jp/sobatetsu/index.html


そして、厚真にも伺いましたが、そのことは、また後日、書かせていただきます。

おやすみなさい。

このページの先頭へ▲

藤尾 仁志 藤尾 仁志 2018/09/14 11:00 最後の南平岸

まずは、

被害が大きかった町にお邪魔させてもらって、誰よりも元気と勇気をもらったのはきっと河野やね(^^)

被害の大きい地域、小さい地域、目に見えるモノもあれば、今回の地震で全道全国の皆さんが胸の内に、悲しい、切ない、不安、ヤキモキ、訴えたい、いろんな目に見えないモノも持っているのだと思います。

河野の胸にあった思いは、安平や鵡川の人達の後押しで言葉に出来たのだと思います。

こういった場所で思いを発信できる機会を与えてもらえる事への感謝、、、

本当に僕達は北海道の皆様に支えられている事を実感します。

そうやってずっと支えて頂いた"イチオシ!""イチオシ!モーニング"。

今日、南平岸から最後の放送になります。

特にどうでしょうファンの皆様はHTBに足を運ばれた方が多いのではないでしょうか。

来週からHTBはもうそこではありません。

街中の大きな真新しいビルの中です。

局の皆さんは地震と引っ越しでてんやわんや、新しいスタジオから無事放送がスタートできるよう奮闘されております。

スタートは来週火曜です。

そして、その火曜の早朝一発目の放送にナックスさんが出演します。新社屋移転記念スペシャルだそうです。五分間の番組で、安田さんとonちゃんの共演もあるそうです。

もし、余裕があるようでしたらご覧になってみてはいかがでしょうか?予告少し拝見しましたが、相変わらず面白かったです(^^)

それでは、南平岸最後のイチオシ!楽しんできます!

このページの先頭へ▲

大泉 洋 大泉 洋 2018/09/13 07:00 河野くんのダイアリーを見て下さい!!

下の河野くんのダイアリー今読みまして。

いやー泣いた。

河野に泣かされのは初めてだ。

君は本当に素晴らしい人だなー。

君の、言う通りだ。

震災が起きるといつも悩むよね。自粛というものに。
今はこんな事しちゃ不謹慎だと。
とくに我々の仕事は悩みます。

北海道での俺の仕事は100パー、バラエティだからね。

俺もいつ北海道でバラエティのロケ出来るかなーと悩んでだけど、勇気もらいました。

僕らは僕らの仕事を頑張るしかない。
それ見て喜んでくれる人がいると、信じてね。

頑張ります。

頑張りましょう!


このページの先頭へ▲

河野 真也 河野 真也 2018/09/13 01:30 ごめんなさい。だいぶ長くなります。

前回、ダイアリーを書いたのが9月8日(土)。

あれからのことですが、

土日は家族で過ごすことができました。妻と子供達にとって日常ではない不安な環境を、一緒に居られてよかった。ありがたかった。
日曜日、晩御飯も食べて、お風呂も入れて、あとは寝るだけ。みんなが落ち着いたところで、妻と息子に話して、一人で出掛けさせてもらいました。

安平で保健師をしている友人の元へ。

あらかじめ用意しておいた個人的な物資の差し入れを持ち、高速を使って、札幌から車で1時間ちょっと。高速を降りてからは、道路が急に盛り上がっていたり、穴があいていたりして、ゆっくり安全運転で1時間半くらいかかったかもしれません。
暗い中、もしスピードを出していたら危ないなと思うところが何箇所かありました。
どうか、通られる方は気をつけてください。事故で、道をふさいではいけません。物流、人の流れ、大切な道です。


安平についたのは夜9時過ぎ。たくさんの職員さんが、働いていました。地震が起こってから3日と18時間。おそらくずっと。
迷惑になってはいけないので、その友人とだけ会うつもりだったんですが、「みんな喜ぶから」と言われ、悩みながら中へ。

「以前、お祭りに来てくださってありがとうございました!」
「おにぎりのGPSアートで安平に来てくれると信じてますよ!」

大変な疲れの中、たくさんの笑顔を下さいました。さらに友人が、

「保健師仲間が駆けつけてくれて、それぞれ別の避難所にいるから、会ってくれる?喜ぶから」
「いやいや、俺なんかが行っても。もう寝てる人もいるやろ?」
「保健師は避難所の入り口にいて、寝てる人を邪魔しないから。絶対喜ぶから!」

そう言われて、避難所になっている町民センターと早来小学校に、迷惑ではないのか不安になりながら、一人で行きました。
それぞれの場所には、岩見沢と恵庭から駆けつけた保健師さんがいました。
ずいぶん、笑顔で喜んでくれました。
聞くと、それぞれ自分の子供を旦那さんと親にお願いして、友人の為にやってきたとのこと。ほんとに頭が下がります。

入り口でこそこそ話していると、避難している方はほとんど寝ていなくて、けっこう出入りが。
僕を見て驚き、握手や写真を望んでくれます。

子供達の笑顔を見てホッとし、
「いいから、いいから」と言ってるのに、わざわざ写真を撮るために部屋着からジャケットに着替えてきてくれたおじいちゃんに申し訳なくなり、
「ああ、いいこともあるもんだねぇ」と言ってくれるおばあちゃんの手を握り、

僕みたいな者でもこうやって喜んでもらえるなら、
来てよかったかな、と。

「必ず、また来ます」とお約束して、札幌に帰りました。


月曜、火曜は、朝と夕方の生放送。
そして今日。
朝から予定されていたロケが、地震の為、取材先の都合で無くなり、夕方からの別のロケまであいたので、むかわ町に行ってきました。
むかわ町は、2006年に鵡川町と穂別町が合併してできた町で、南北に長く、一つの町と言っても、それぞれの市街地は40kmも離れています。
その穂別地区にある、「北上しいたけ園」さんで去年ロケをさせてもらったんですが、山奥にあり、崩れていないか心配で。穂別地区のことは、なかなかテレビなどでも情報が入ってこなかったこともあり、直接行ってきました。

お父さんも、お母さんも、息子さんも、ベトナムからの研修生ドクさんも、みんな無事。ホッとしました。
震度6強。お父さんは、寝ていたところに倒れてきたタンスを、揺れがおさまるまで足で抑え続けて助かったそうです。
しいたけは、停電のなか、発電機を借りてなんとか保冷庫を復旧させましたが、だめになったものも多いとのこと。
でも、あと3、4日もすれば今まで通りの量を出荷できそうということでした。
コチラの原木生しいたけ、肉厚で、美味しいんです!
焼きもいいけど、フライがめちゃくちゃ美味しい!

ネット販売もしていて、配送も始まっているので、ぜひ!
原木生しいたけがおすすめですが、乾燥も人気だそうです。

http://shiitakefarm.jp/index.html

そのあと、鵡川地区に。
テレビなどでも報道されていますが、たくさんの商店が並ぶメインストリートにあるいくつもの住宅、お店。その一階が潰れていました。
二階が地面のすぐ上にある。
お店の看板が地面のすぐ上にある。
そのままでは危険だからと、重機で壊されている途中の家もありました。
すでに、ほぼ、更地になっているところもありました。




鵡川駅のすぐ近くにある「灯泉房(とうせんぼう)」というご飯屋さんへ。
ロケでもプライベートでもお世話になっている、ししゃもづくし料理などで有名なお店です。20年以上かけて集めた有田焼の器の8割以上が割れ、大きな冷蔵庫や冷凍庫も倒れて壊れ、お店の中はメチャクチャだったそう。
それでも、すぐにお店を開け、町の人に食べるものを出されたんですって。
今日も定休日だけど、町の人に食べさせたいということでお昼だけ営業したということでした。

10月、11月、ししゃも漁があります。ご主人曰く、おそらくししゃもは大丈夫だろうと。
その時は、「ししゃも寿司」など、ししゃもづくし料理を出せると。

http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/ss/num/aisyoku/tousenbou.htm

ししゃも料理を出されているお店は他にもあります。ししゃもをお土産で買えるところもたくさんあります。今から10月11月に鵡川に行って、ししゃもを食べて、お土産にししゃもを買ってというお出掛けの計画をぜひ!

僕も、必ず行きます!



札幌では、スーパーやコンビニに並ぶ商品が増えてきました。

ガソリンスタンドも、給油制限なしのところがたくさんあります。

給食センターが再開し、学校に通う子供達の姿が見られるようになりました。

尽力されている皆さんには、感謝しかありません。



その一方、札幌の飲食店に、お客さんが少ないと聞きます。
観光客の方が減っているのもあるのでしょう。
でも、それだけじゃない。
札幌に住んでいて、自分の生活は日常に戻り、気持ちも日常に戻り、行けるんだけど、もし自粛している方がいるのなら、それは違うのではないかと。

自粛して、自分の町の元気を無くしてどうするのか……。
自粛から生まれるものなんて、なにかあるのか……。
自分の町が元気でいないと、大変な状況にある町へ手を差し伸べることなんてできないと思うんです。

お店はお客さんが少なくても多くても、どうなるかわからないから営業します。
だとしたら、家族みんなが外食したら、その時間、家の電気を使わないから節電になるのではないかと。

そんな節電方法も、あるのではないかと。




前のダイアリーに書いてご心配をおかけした安平町の保健師さんが足りないということ。
連絡がきて、安平町への保健師さんの支援が充実してきたそうです。よかった。
もし、ここを見て、ご尽力下さった方がいらっしゃったら、心から感謝します。

安平町は、菜の花がきれいなんです。
来年の6月、またきれいな花を咲かせることを願っています。
ぜひ、皆さんにも見てもらいたいな〜。



めちゃくちゃ長文、失礼しました。

このページの先頭へ▲

小橋 亜樹 小橋 亜樹 2018/09/12 18:00 ファンメールありがとう!!!

きっと、それぞれのタレントメンバーのところへ届いているだろうファンメール。

全国津々浦々からの心配や温かい言葉。
なまら嬉しかったしあらためて繋がってるなぁって思ったよ。

バスツアーで東北の被災地皆で見て学んだ時のあの心。まさか自分たちの土地で起こる…けれど自分達のとこでは…と、どこか遠くで考えていたことがよくわかった。

失って傷ついて、初めてわかること。

けど、
日常を取り戻す為には待ってちゃいけない。
みんなで取り戻しに行く。

まだまだ復旧してなかったり避難所で過ごしている方々がいる一方で、観光地や飲食店は通常に営業している所も増えています。

この状況でも見つかる。自分のできること。自分のチョッとだけある余裕を足りないであろうひとに贈ること。


厳しさの中で生まれる優しさは、とても強くて尊い。


大丈夫だ!大丈夫だ!言葉は力をくれる。


ファンメールありがとう!!!


このページの先頭へ▲

森崎 博之 森崎 博之 2018/09/10 22:37 会長のダイアリーを読んで。

「様々な機器に省エネモードがある」

・・・それだ!!!

と思いました。

我が家、家族全員、省エネモードに入ります。

よぉし早寝早起きだ!おやすみなさい〜〜!




昨日のジャンジャンジャンプ、たくさんのメールありがとうございました。
見て、ウルッとするくらいのメール来てた。

道内から被害報告と感情共有が、
道外から温かな心配と強いエールが。

たった1時間の、ローカルタレント(とCUE社員)が務めるローカル番組に、
すごいパワーが集まりました。

ありがとう。
感情があちこち行きました。

北海道に、まだ深い悲しみがあります。

決して忘れられないことだけど、私たちにはこれから取り戻さなくてはいけない北海道があります。

前向いて、進んでいきます。

変わらぬ北海道へのエールをお願いします!

このページの先頭へ▲