CUE DIARY

鈴井貴之 鈴井貴之 2018/03/05 00:00 春を迎える儀式

三寒四温。

寒かったり暖かくを繰り返し春を迎える。

ここ2日間はまさにそんな暖かい日でした。プラス気温。しかも6度。
雪ではなく雨が降っていました。

屋根にこんもりと積もった雪も暖かい気温で一気に落ちていきました。

ですが、これがもう地獄。

昨日、午前四時、爆弾が落ちたかの轟音!犬たちが吠えまくり!!
約4分の1の雪が落ちる。震度2はあろうかという揺れを感じ目覚める。
そしてまた一時間後、またしても震度2。
さらに午前六時、3度目の爆音。
もう寝れない。

明るくなっていたので被害がないか確認。すると、がーーーーーーーーん!

薪ストーブの煙突が真っ二つに。折れて落ちてました。昨年12月の大雪で折れて直したばかり。3ケ月しかもたなかった。愕然としました。
金額は書きませんが、検索してください。薪ストーブ、煙突。高いんです。
ああ、ショック。
折れて地面に落ちた煙突を午前六時に移動作業。
また雪が落ちるでしょう。落ちた煙突の上に氷を含んだ雪が落ちれば落ちた煙突がペシャンコになります。

それからも一時間おきに爆音。もう朝まで眠れませんでした。

午前九時、あたりを見て呆然。家屋の一階部分が全て雪に覆われていました。
つまりは2階の窓から出入りができる状況です。

北陸や東北の日本海側で冬は2階から出入りするというのを見たことがありますが、北海道は寒いけどそこまでの積雪ではない。というのが北海道あるあるだったのですが、今年は違いました。

やばい雪の量です。ああ、あの落ちた雪、明日、除雪しなきゃな。ここは機械が入る込めないので手作業です。

今日、赤平では名物のガンガン鍋祭、そして深川市で開催された空知演劇フェスのゲストとして参加させていただきました。こんな偏狭な地でありながら遠く道外からも来ていただいた方もいて恐縮です。
帰りにお声がけさせていただきましたが、基本シャイなのでぶっきらぼうな対応でゴメンなさい。あれでも精一杯頑張りました。オッサンなのに情けない。
一緒にいらっしゃった方にフォローも出来ず帰りの車では反省していました。

ああ、早く春が来てほしいな。
でもちょっとだけ冬に未練があります。

この白い冬があるから北海道はいいね。

このページの先頭へ▲