CUE DIARY

戸次重幸 戸次重幸 2017/08/22 07:00 絶賛!オーランドー稽古中!

暑い。暑い。

蒸し蒸し。蒸し蒸し……。

ほんとこの時期の東京はひどい。不快指数200%の毎日です。



そんななか、私は毎日稽古稽古稽古。

横浜のKAATの稽古場まで、毎日通っております。



「横浜のKAATまで通うのは大変というイメージがありますが、慣れます!」



演出の白井晃さんは、顔合わせでキッパリそうおっしゃいました。


う〜〜ん……慣れてきました。


横浜という街に、親近感すら湧くほどに。


大体の舞台の稽古期間は、1ヶ月。

ところがこの舞台の稽古期間は、1ヶ月半以上。

今の時点で、あと丸々1ヶ月。(8/1から稽古してます)


これまでの稽古で、キャスト同士の結束も固まってきました。


本当に個性的な布陣の中で特筆すべきは、

小日向文世さんという「おっさん子供」の存在でしょう。


「自分が63歳になった時に、こんなチャーミングな大人でありたい」


と思わせてくれるほどに、小日向さんは、かわいい。


「おっさんの身体のジッパーを開けると、中2の子供が出てきた」


そんな人です。

(では、どんなエピソードがあるんだと言われれば、

 それはあり過ぎすぎるし、細か過ぎるので、それをいちいちここで書くのは

 めんどくさいので勘弁してください。

 本番の舞台を観ていただければ、それは充分伝わると思うので)


見てるだけで、和む。


まさに、血肉を持ったゆるキャラ。


大変な稽古のなか、癒しの存在になっていただいてます。



というわけで、

これからは、他のキャストの魅力もこの場で伝えていきますね。


このページの先頭へ▲