CUE DIARY

CUE DIARY

佐藤亮太 佐藤亮太 2018/04/02 15:00 56公演ありがとうございました

出演させて頂きましたNACSさん3年ぶりの本公演、PARAMUSHIR全56ステージ終了しました。

稽古期間と本番期間を合わせての3ヶ月の間に、苦しさ、辛さ、悔しさ、楽しさが色濃く僕の体を駆け抜けていきました。
この経験を生かすのはPARAMUSHIRが終わった今日からの生き方にかかっているなと強く思います。

見たことの無い景色を、毎日見せて頂きました。決して忘れません。

未熟な僕に何度も何度もご指導して下さった森崎さん、安田さん、戸次さん、大泉さん、音尾さん。本当にありがとうございました。

全国の劇場、映画館で観劇された全てのお客様、誠にありがとうございました。

このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2018/04/02 12:00 全56公演、誠に感謝です!

終わりました。

安田も言ってますが、長かった……。


今回は本当に体力的な限界を感じる舞台でした。

ギックリ腰から始まり、すり傷、打撲、首の筋違い

そしてあと6ステージという時に、またギックリ腰……。

(今もまだ痛い。ロキソニンは偉大だ)


無事に公演を終えられたことに、本当に胸を撫で下ろしております。


8万人の皆様にステージに足を運んでいただき

昨日のライブビューイングでは

全国の映画館で3万5千人の皆様がご覧になってくださいました。



我々は、なんて果報者なんでしょう。

なんて、幸せな連中なんでしょう。


本当に、これは奇跡です。


ありがとうございます。


これからも、皆様に楽しんでもらうべく

劇団としても精進してまいりますので

変わらぬ応援のほど、よろしくお願い致します!!


ご来場、誠にありがとうございました!!

このページの先頭へ▲

綾野ましろ 綾野ましろ 2018/04/02 10:40 お疲れ様でした!!

TEAM NACSさん第16回公演「PARAMUSHIR〜信じ続けた士魂の旗を掲げて」千秋楽でしたね!お疲れ様でした!!

わたしは札幌での公演を
拝見しました!
それぞれの立場や事情が
どうしてかすごく浮かんで胸に刺さったのは、演じてらっしゃった皆さんの熱意や演技の迫力が確かだったからなんだと感じました!
身近なテーマでは決してなかったけれど、引き込まれて真剣に瞬きも忘れるほどに集中してしまいました、、、。

ご覧になった皆さんにも
大切な時間になったのだと思います!!

改めて「PARAMUSHIR〜信じ続けた士魂の旗を掲げて」のチームの皆さん、完走お疲れ様でしたっ!

わたしも今月は
今年最初のワンマンライブを控えているので頑張ります!!
皆さんも良ければわたしのライブにも
いらしてみて下さいね(*^ω^*)


☆ましろ☆

このページの先頭へ▲

音尾琢真 音尾琢真 2018/04/02 10:20 ありがとうございました。

NACSさんの舞台、無事に全日程終了する事が出来て、ホッとしております。
長期にわたる舞台は体調管理等がね、なかなか大変で。
ま、インフルエンザにもなりましたし、
腹を壊したりもしましたが、
舞台上に影響を持ち込んだ事は一度もない、
と断言できます。
、、、ない事もない時もあったか、、。
ま、日々、細かい誤差は色々あるとして。
20年以上、舞台でのお芝居やってるからかな、とふと思えたりもします。
TEAM NACSの公演という、特別なものでありながらも、演劇を始めた時から一緒にやっている仲間との当たり前のものでもある公演は、昨日も僕の中では淡々と終わりました。
いつも通りに、終わって、ひと安心です。

たくさんの方のご来場、ありがとうございました。

このページの先頭へ▲

安田顕 安田顕 2018/04/01 17:00 4月1日 日曜日

TEAM NACS
舞台『PARAMUSHIR』。
本日、千秋楽を迎えました。

只今、移動中。

とにかく、ホッとしています。

長いようで、
長かったなぁ……。

今日は、ライブビューイングでもご覧いただきました。

桜庭仁平という方を演じました。
北海道、夕張に産まれました。
東京、浅草で映写技師をしていました。
妻はセツ、娘は清子、息子は弘。
ガダルカナルで生き残り、そのまま占守島に来ました。
東京大空襲で家族を失いました。
その後、シベリアに抑留されました。

桜庭さんの哀しみは、ずっと続いていくでしょう。
決して忘れてはいけないことだと感じています。

舞台が終わって、何を感じるんだろう。

今日、始まる前に、そんなことを思いました。

……家に帰って、お風呂に入りたい。

そう、思ってます。

沢山の拍手、心より御礼申し上げます。

真に、ありがとうございました。

さあ!
切り替えて。
明日の撮影に臨みましょう。

いつも、ありがとう。

引き続き、踏ん張ります。

皆さま、良い一週間となりますよう。

また。

このページの先頭へ▲

鈴井貴之 鈴井貴之 2018/03/31 21:30 大下へ

今日をもって卒業ということで、

一応、建前上は「お疲れ様でした。そしてこれからの新たなる目標へ
むけて頑張ってください」という言葉を贈りますが、

本音を言えば、寂しさを超えて悔しさがあります。

一人前にしてやれなかった。そんな悔しさが込み上げてきますよ。

事務所に入ったばかりの頃は、とにかく生意気でビッグマウスで、
何度社長室で説教したことか。




そんなことを振り返っても仕方ないですね。

うーん。




今の君は、今までとは違う人生を歩んでいくことを選択したのですから。

まあ、伝えたいことはこの場ではなく直接伝えます。

お疲れ様でした。そしてありがとう!

お疲れ様でした。

このページの先頭へ▲

藤尾仁志 藤尾仁志 2018/03/31 15:44 お疲れさん!大下!

いや〜、ジンギスカン屋ほんまに美味いし、すでに繁盛してるからな〜、、、。

正直、「かっこいいなぁ〜。」とか「羨ましいなぁ〜。」と言う気持ちしかないからな〜、、、。

寂しいとか全くないもんな〜(笑)。

お笑いライブを一緒にやっている時だって、お前の方がよっぽど結果出してるしな〜。

事務所入る前だって、いろんな事してちゃんと稼いでた話も聞いてたしな〜。

自分の気持ちに正直に生きて、少なくとも俺よりは結果を出し続けてるだけに、また新しい事にチャレンジして、それもすでにいい感じでって、、、

嫉妬しかないです!お前に対しては!!!笑

でも、それがあったから頑張れたし、やっぱり感謝やな!!!

ありがとうね!

藤尾は大下がいて頑張れたって、、、規模の小さい話やね、、、笑。

ジンギスカン、また家族で食べにいくわ!

まんぴんの時の話とか久々しようぜ〜!

楽しみにしてるわ!

て事で、近々!

ひとまず、同志としての一区切りとして、

今までほんまにありがとう!!!



このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2018/03/31 11:10 大下よ。

思えば、CUE入りのきっかけは、おにぎりだったな。

一目見た時から

「なんだ?
この、地味の国から地味を伝えにきたような奴は?」

と思っていたが、

そうか、あれから15年も経つか……。


お疲れさまーーー!!!!


札幌の俺んちで、どうやったら大きい声が出せるかと、

訓練した時のことが懐かしいわ。


結局……大きくならなかったな(笑)



第二の人生、頑張れ!!

応援してるぞ!!


大丈夫だ。お前の店、本当に美味いから。

2号店、3号店出して、

たむけんさんみたいな大金持ちになったらまた会おう!

奢ってくれ。



いやいや、またすぐ食いに行くけど(笑)

元先輩割引、よろしくな!!


このページの先頭へ▲

小橋亜樹 小橋亜樹 2018/03/31 10:45 しゅーごへ。

しゅーごへ。


なんだろ。この心の思い。なんつーか、文にするのが難しいや。


しゅーごと《大小》ってユニットやらせてもらって、二人でネタ考えて曲作って営業行ってツアーまわってね。

プライベートでも色んな話してさ、しゅーごの結婚式の挨拶では最号泣してしまい何いってんのかわからんくなってね。



いっぱいいっぱい思い出す。



書ききれないし、寂しい。寂しいよ。



今の私があるのは、しゅーごと重ねた時間のお陰だって思う。

この一度しかない人生でさ、深くかかわり合えたことの凄さをひしひしと感じます。

しゅーご、ありがとう。

そしてこれからも。



葉原あきお
斉藤きみ
韓流スター
パチンコ葬儀屋さん
大下安過さん


まだまだ沢山。


今度は『なまら』のカウンターの中でもやってね。


新たな旅立ちへ乾杯です。
いつまでも友です。


大下宗吾にこれからも多幸あれ(≧口≦)ノ









このページの先頭へ▲

河野真也 河野真也 2018/03/31 10:34 大下!

大下は3年くらい後輩で。
でも年齢は、大下の方が2歳上で。

だからか、先輩後輩という感じでもなく、お互いタメ口で、「大下」「河野くん」と呼び合ってて。

同期……いや、同士みたいな感じ。


大下は事務所に入ってすぐにテレビのレギュラーが決まって、「すげえ新人や!」と思って。

2005年から2007年まで、オクラホマの漫才と大下のピン芸で、「まんぴん」というライブをやって。

「まんぴん」というライブは、長ーーーいタイトルの略称で。

暗中模索五里霧中断崖絶壁四面楚歌一発逆転一心不乱九死一生漫才一(ピン)芸

まさに暗中模索のなか、もがいたよね……。

いっぱい、言い合ったよね……笑


そのあと、大下は「エンタの神様」に出たりして。

2010年からはまた一緒にライブをすることに。
小橋さんも加わって「DAIオクラホマSHOW」。

札幌、東京、大阪で毎年公演。
名古屋でやった年もあった。


いっぱい、言い合ったよね……笑
 

稽古でも、本番始まってからの直しでも、いっぱい言い合って大変やったけど、でも、楽しかった。
ステージの上でも、ツアーの移動も、楽屋でくだらんこと言って笑ってるのも含めて、楽しかった。


ありがとう。


今やから言うけど、俺は、大下にはいっぱい嫉妬しました(笑)

大下は事務所に入ってすぐに、レギュラーが決まって。
俺より随分早く、このお仕事でご飯が食べられるようになって。

「俺は先輩やのになにやってんだ」って。


「まんぴん」でやるネタを、ライブ前に事務所のスタッフさんにネタ見せした時に、あきらかに大下の方が断然おもしろくて。

「先輩やのに、なにやってんだ」と悔しくて、悔しくて。


大下だけが「エンタの神様」に出ると決まった時も、「すごい!」と思いながらも悔しくて、悔しくて。

でも、オンエアの時は、なんか一緒にそこにいるみたいに緊張して、ほんまに音が聞こえるくらい心臓をドキドキさせて、テレビを観てた。「うけろ!!」って思ってた。


同士やと思ってる。



水曜日、大下のお店に一人でジンギスカンを食べに行って、閉店後も二人で食べて飲んで。
こういう思い出話をしようと思って行ったんやけど、なんか家族のこととか、プライベートのこととか、これからの話ばっかりになったから、ここで思い出話をしちゃいました。

でも、あの時はこれからの話でよかったんやなあと思ってる。

思い出話だけやと、もう別れの感じがするもんね。


また、来月行くわ(笑)
あの話の続き、せなあかんもんな。




ココをご覧の皆さま、「なまら」はほんとにウマい!
お肉の柔らかさに驚いてください!
カウンターと別に6人くらいまでの個室もあるので、使い勝手もいい!
ぜひ、行ってくださーい!!

嫉妬するうまさですから(笑)

このページの先頭へ▲