CUE DIARY

CUE DIARY

戸次重幸 戸次重幸 2015/08/16 06:48 寝落ち。

してました。


が、まだ朝でよかった。


ひっどい夢を見ました。


聞いたこともない若い劇団が、勝手に人んちに上がり込んで、

勝手に稽古し始めようとするんです。


どんなに止めろといても止めてくれない。

こっちは友達とラーメン食いに行く約束があるのに。


そのうち約束の時間も過ぎ、

私も諦めて

「誰が演出だ?じゃあ稽古してみろ。面白かったらここ使っていい!」

と言って稽古を見てたら、

そのお芝居の一環なのか、いきなり何人かでサッカーし始める。

その様子を見て、他の劇団員はゲラゲラ笑ってる。


こっちの怒りが頂点に達したときに、

目が覚めました。


正直、これ書き始めたときは怒りが収まらない感じでしたが、

書いているうちに落ち着いてきました。


すみません、こんなくだらい夢の話でスペースを埋めて。


本日新潟最終日。


頑張りたいので、もう少し寝ます。


おやうsみおなさん(打ち直しません)



では、また朝酢の朝(打ち直しません)


このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/08/15 08:13 記念。

昨日は、今年に入って、私、戸次重幸


「舞台 100ステージ目!」


の公演でした。



『スタンド・バイ・ユー』『趣味の部屋』を合わせて

72ステージ。


昨日の『悪童』』が28ステージ目だったので、その計算です。



いや〜〜、ほんとに今年は「舞台YEAR」です。



でも去年が映像ばっかりの年だったので、


ほんとバランスいいです。


舞台やらないと、気持ち悪いんですよ。


ほんと、根っから舞台好きな役者なんだって、自覚します。



汗ダラダラダラダラかいて、飲むビール。


「ビールの本当の味って、これやろ!」


そんな風に飲むビール。飲まれるビール。


宇宙が一つになった気さえする瞬間。



昨日は、「実は……」なんて言って、

美食倶楽部に、なし崩し的に祝ってもらいました。

(でも、当然割り勘。それがいい!)



さて、

今年はあと25ステージ。

本日も頑張ります!



では、また明日の朝。





このページの先頭へ▲

大泉洋 大泉洋 2015/08/14 17:10 まぁ、そうは言っても(^_^;)

いろんな人も居るし、みんながこのダイアリーを読んでるわけでもないから、もし、喋ってしまった人が居たとしても、

「いろんな人もいるんだ」という、大らかな気持ちを持って、自分の心が乱されないよう観劇してね(笑)


心を乱されては損ですから^_^


よーし!!

今日も皆さんと最高の舞台を作りましょー!!!

このページの先頭へ▲

大泉洋 大泉洋 2015/08/14 11:15 新潟公演初日終〜了!!

いやいや遂に新潟公演も始まりましたな。

3年振りの新潟公演、大変盛り上がっていただき感謝感激です。

そしてそして、先日の名古屋と違って新潟は涼しい!!

油断してたら風邪引きそうなくらい(笑)

大変過ごしやすいですね。


でもどうやらこれはいつもじゃなく、昨日あたりからいきなり涼しくなったみたいね。

そう僕が新潟入りしてから‥‥

そして昨日、舞台が始まるまでは大変天気がよくて気持ち良かったのですが、舞台が終わって出てみたら、かなりな雨でした。

連続雨記録更新中です。

ちなみに新潟入り前、数日いた東京も雨でした。

しかも久しぶりの雨。

新潟は随分雨が少なかったみたいね。

携帯のファンメールに新潟の方から随分ありましたよ、早く洋ちゃん来てくださいって(笑)

雨の中タクシーに乗りましたら、ずっと雨が降ってなかったのでこの雨はありがたいと言われまして。

いよいよ雨神様化してきました(笑)

今日以降はなんとか晴れてくれないかな‥‥

とにかく今日も全力で悪童頑張ります。


ここでこれから悪童をご覧になる皆様にお願いです。

演劇には、幾つかの暗黙のルールがあります。

ロックバンドのライブとは違ってそこは若干窮屈なエンタメかもしれません。

舞台中は申し訳ありませんが、喋らないでください。

大いに笑って欲しいですし、泣いて欲しいとは思うのですが、喋るのはご遠慮ください。

昨日の舞台は残念ながら大変前の席から、喋る声が我々役者にも聞こえてきました。

これはひょっとしたら、自分でも無意識なのかもしれません。

今一度、自分は無意識に喋ってないか気をつけていただきたいのです。

結構あるんです。

観劇中は喋らないというのは大半の方が守っている暗黙のルールですから、それを破られると他のお客さんも集中できなくなります。
「なんで喋るんだ!」と腹を立ててしまいます。
そうなるとまったくお芝居が面白いと思えなくなってしまいます。

演劇はお客の皆様と一緒に作り上げる芸術です。

どうかご協力ください。

無意識にかもしれませんが、

「かっこいい」とか「え〜」とか、ひどい人は次の台詞を予想して言う人もいます。

今一度、お気をつけください。

よろしくお願いいたします。

それでは今日も頑張るぞ!

このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/08/14 10:52 wordが

全く立ち上がらない。


壊れてますな。



さて、どうしましょ?


とりあえず、東京帰ったらインストールし直しますか。


原稿チェックで送られてくるwordに

全く対応できてません。



どうしましょ?



では、また明日の朝。

このページの先頭へ▲

音尾琢真 音尾琢真 2015/08/13 16:43 いよいよ後半戦

と勝手に思っております。
悪童ツアーもいよいよ今日から新潟公演ということで。
その後は福岡、そして東京と。
夏の猛暑も落ち着いてきてまいりまして。
ようやく折り返しかな、と。

新潟公演も丁寧に紡いでまいりましょう。
テルサでお待ちしてます。

このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/08/13 08:36 さて、本日から新潟公演です。

地方公演も新潟と福岡を残すのみ。

なんとも早いですな。


さて、

昨日のことです。


新潟に向かう新幹線のなかで、

またもやってしまいました。




切符をなくしたのです。




例によってまた座席を間違えていた私は、

(はい、例によってです……)


車掌さんに「お座席間違えないでしょうか?」と聞かれ、

慌てて一つ前の座席に座り直しました。



そしてその後、切符がないことに気づきました。



(今にして思えば、

 このとき車掌さんから切符を受け取った記憶がないことは、

 この際言わないでおきます。……言ってるけど)



その後、私が間違えて座っていた座席にやって来たお客さんにも

(つまり真後ろのお客さん)


「すみません……。その辺りに切符ありませんか……?」


と尋ね、探してもらいましたが見当たらず……。



ま、しかし、

乗車確認後になくしたのだし、

大した問題にはならないだろうと思ってました。


ただ、車掌さんにはこの事態を伝えた方がいいと思い、

車掌室に行きました。


何か乗車した証明書的なものをもらえるだろうと思っていたから。


ところが、そんなものはないとのことで……。


結局、車掌さんと一緒にまた座席に戻り、

またも後ろのお客さんに今一度探してもらい、

しかし、当然出てくるでもなく……。




で、まあ、結局……全額払いましたわ。


いいのです。

これは、授業料なのです。


私にはこの先まだまだ人生の授業があって、

そのうちの一教科だっただけです。


【人生の授業】


あ、なんかいいフレーズですな。



しかし、返す返すも、

二度にわたり切符を探させてしまった後ろのお客さんに、

申し訳ない気持ちでいっぱいです。


現場でも散々謝りましたが、改めてごめんなさい!

(ここを見てて……くれるわけなし!)


今後は、切符は必ず財布に入れます。

(で、その財布をなくすような奴なんですよ、私って……)





では、また明日の朝。




このページの先頭へ▲

河野真也 河野真也 2015/08/12 23:34 二つ!! と、ちょっと。

一つ!
いよいよ明日から始まります。

12人の怒れる男。

本日、ゲネでしたが、おもしろいです。

やってて、おもしろい。

名作中の名作ですもんね。

去年、好評を頂いての再演です。


出演者が3人変わり、去年と違う役をする人もいて、別物になってます。

セットも変わりました。
これがまた、かっこいい。

去年は舞台を挟んで二面に客席があったんですが、今年は三面に客席があります。
陪審員室で行なわれる討議を、そこに自分が参加しているかのように感じられるはず。

ぜひ、観て頂きたいです。

ありがたい事に、初日の明日、あさって、土曜日の昼公演、千秋楽は完売しております。
他はまだ若干の余裕がありますので、ぜひ!


◎STORY
ニューヨークの法廷。夏の暑い日。父親殺しの罪に問われたひとりの少年の審理が終わり、12人の陪審員が評決のため陪審室に集まった。陪審員の大半は少年の有罪を確信していた。全陪審員一致で有罪になると思われたところ、ひとりの陪審員が無罪を主張したことから物語は動き始める……。

◎日程
2015年8月
13日(木)19:30完売
14日(金)19:30完売
15日(土)14:00完売/19:00
16日(日)14:00
17日(月)19:30
18日(火)休演日
19日(水)14:00/19:30
20日(木)19:30
21日(金)19:30
22日(土)14:00/19:00
23日(日)14:00完売 


会場◎
生活支援型文化施設コンカリーニョ
札幌市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス1F 
☎011-615-4859 mail@concarino.or.jp
コンカリーニョHP/http://www.concarino.or.jp/

料金◎一般 3,000円(前売・当日共)
学生 1,500円(前売・当日共)

チケット取り扱い◎
ローソンチケット☎0570-084-001(Lコード16004)
大丸プレイガイド☎011-221-3900
教文プレイガイド☎011-271-3355
NPO法人コンカリーニョ☎011-615-4859
北海道演劇財団☎011-520-0710
演劇専用小劇場BLOCH☎011-251-0036
CoRich!チケットご予約フォーム https://ticket.corich.jp/apply/65478/



二つ!

オクラホマ演芸ホール。

おかげさまで、東京の10月17日(土)の昼夜ともに完売!
他の公演も残席少なくなっているところが出ております。

今回、全席指定となっていますので、なるべく前の方で観たいと思って下さる方、ぜひお早めにお願いいたします!!

http://okurahoma.net/live/2015/0628190000.php



と、ちょっと。


この前、生後5ヶ月の息子が初めてしゃべりました。




エー、ティー、エム


って。


ATMかあ。


成長してるなあ。

このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/08/12 08:31 「アツイアツイアツイ!」

書いていると余計暑くなりますね。


本日ものんべんだらりと休ませてもらいました。


いろいろしたなかで、

東急ハンズにも行きました。

テレビの位置を4cm上げるために、

アクリル板を買いに行ったんです。


5.1chのセンタースピーカーが、

ちょうど4cmほどモニターに被っているので、

その厚みのアクリル板にモニター自体を置いて

解決しようという作戦でした。


55 × 25 × 4(cm)のアクリル板が理想でした。


が、

わかっちゃいましたが、そんなものオーダーしないと無理。


なので、既成のブロックを接着剤で付けて、

それぐらいのパーツにしようと。


すると……



その各パーツの高いこと高いこと!



まず、7000円弱のパーツを4つ。

あとは、2500円弱のパーツを最低でも6つ。


「う〜〜ん……」


アクリルってこんなに高かったんだと驚愕。

3流俳優には、二の足を踏む値段。


「たかだかテレビを4cm上げたいだけなんだけどなぁ……」


しかし、他に手が思いつかない……。


そしてこんなに高いなら、もうオーダーもありかと思い、

例の寸法を見積もってもらおうとしたら


「それだと……おそらく10万は超えますよ」


と、メーカーに見積もりを出してもらう前に店員さんに告げられました。



どうですか皆さん?


テレビの高さを4cm上げるのに……10万円。




「か、考えさせてもらっていいですか?(汗)」




そう言い残し、でも格好がつかないので、

一応、見積書の記入はしてきましたが……



たぶん買わないと思います。



何か他の手を考えます。



絶対注文しないであろう見積書でも、

丁寧に対応してくれた東急ハンズ渋谷店の店員さん、

ごめんなさい!


もうちょっと、

もうちょっと売れたら……買いに行きます!(汗)


その時は、厚さ5cmにします!!



というわけで、

昨日は「アツさ」に悩まされた一日でした。


(うわ〜〜、うま〜〜い)(……)



では!また!明日の朝!!







このページの先頭へ▲

森崎博之 森崎博之 2015/08/11 20:42 明日から新潟。

名古屋公演終わってすぐに空港に向かい、飛行機飛び乗って北海道へ帰り、
昨日今日は十勝で農業ロケ。
さっき帰って、やっと自宅で一息です。

遅くなりましたが、名古屋公演ありがとうございました。
忘れられない舞台でした。

築85年の歴史ある建造物は、外観も内観もロマンチックでうっとりしました。
もともと昭和天皇ご成婚を記念して建てられて、世界大戦中は空軍の司令部にもなっていたんだとか。

そんな舞台に、5人して立てて光栄です。

しかし!しかし、暑かった。。。。。
空調最大ながら、舞台上はまるでホットヨガ。
さらに期間中の名古屋は酷暑の毎日で、お客さんにもかなり過酷な環境でご覧いただく事になったかもしれません。

そんな中でも、ダイアリーの呼びかけに応えて下さり、
当日券142枚が毎公演売り切れたことも、忘れられないひとつです。
本当にありがとうございました。

「日本一チケットが取れない劇団」は、テレビで勝手に言われたキャッチコピーですが、こうした現象を目の当たりにすると、見えてきたものがあります。

私たちではなく、皆さんがそうしてくれたんだなと。
そう言われるように、皆さんが押し上げてくれたんだと。

カチバスでチケットが売れなくて、泣く思いだった日々を思い出すたびに、お客さんへの感謝がこみ上げてきます。

明日はもう新潟入りです。

北海道の夏をほとんど体感できないままですが、今年の俺の夏は、アツいです。

このページの先頭へ▲