CUE DIARY

CUE DIARY

戸次重幸 戸次重幸 2015/07/27 08:02 盛岡公演が終わり

久々の自宅でホッと一息。


大会場にもかかわらず、連日満席で……


盛岡公演、誠にありがとうございました!




さて、只今私は、


洗濯の真っ最中。



溜まりに溜まってました。



いつもなら、演出部さんの洗濯機を借りて、

こまめに洗濯してたんですが、

その洗濯機がない状況とかいろいろありまして……。


ま、根っからの貧乏症なので、

ホテルのクリーニングに出すとかの選択(×洗濯)肢はないわけですよ。



「は?洗濯だろ?洗濯は……自分でやるもんじゃろがい!」



昔から、よほどのモノでないとクリーニングには出しません。


「Yシャツは、クリーニングでしょ?」


と、昔河野に言われた時の「……は?」感が忘れられません。



ただ、結構時間が経っている洗濯物なので、

まだまだ【漂白中】です。

臭いを取るには、絶対漂白です。


明日は、映画の撮影で長野なんですが、

長野入りすればいいだけの日なので、

今夜は心ゆくまで洗濯します。


では、また明日の朝。



このページの先頭へ▲

鈴井貴之 鈴井貴之 2015/07/26 16:51 赤平はずっと雨です。

昨日、通夜に出席してきました。

高尾弘明さん。前赤平市長です。

この春まで3期、12年間、市長を務められ退任してまだ間もないこの
21日に他界なさりました。

ドラマ「不便な便利屋」に関しては「どんなことも協力してあげなさい」
と陣頭指揮を執ってくださり、本当によくしていただきました。

また僕個人の赤平移住にもいろいろと配慮いただきお世話になりました。

財政破綻の危機もその手腕で乗り切り、財政再建を成し遂げた方です。

この7月18日、赤平最大のイベント火祭りの日に倒れたそうです。
その直前まで前市長は、「不便な便利屋」のDVDをご覧になっていたと
昨日、関係者の方からお聞きしました。
前市長は随分と、DVDの発売を楽しみになさっていたそうで、
それを最後にご覧になってのことだそうです。
そして、火祭りの成功を見届けるかのように21日にお亡くなりになりました。

本当に驕りなく穏やかで、それでいて芯が通った方でした。

70歳。

今の時代ではまだまだです。市長を退任なさってまだ2ヶ月強。これから
ゆっくりとした人生を歩まれるはずだったのに、誠に残念です。

雨が止みそうにありません。赤平の涙です。

心よりご冥福をお祈りいたします。

このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/07/26 10:45 手違いで、

上がってませんでした(なぜだ?)。


すみませんでした。


本日は2ステのため、昨日は酒を抜き、

先ほどジョギングしてきました。


途中、盛岡城跡の公園に寄り、

銅像のない台座を見て心苦しくなり、

それでも気持ちのいい汗をかいてきました。


さあ、この後は舞台でまた気持ち良く汗かきますよ!


では、劇場で!


ほんで、


では、また明日の朝。






このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/07/25 09:57 もりもり……

盛岡ぁぁぁああーーーー!!!


入りましたよ。


さっそく大泉が予約してくれてた店に直行し、

鴨料理をたらふく堪能。(なぜかカメラマンも同行。わかるでしょ?)


その前は、仙台で奴と5年ぶりぐらいにゴルフを堪能。


雨神様のおかげか、もちろん途中何度か雨の洗礼を受け、

その度にミドルでOBでもないのに9を叩き出す始末……。


でも、それが「俺のゴルフ」!


It's my really golf!(I don't say "Damn it!".)


うほほな一日でした。



全国公演最高です。


全国公演最高です。


全国公演最高です。



ほんと、いろんな話ができる。



では、また明日の朝。

このページの先頭へ▲

森崎博之 森崎博之 2015/07/24 17:48 仙台→盛岡

顕さん、牛タン弁当だったのね。

ボクはねぇーー
はらこめしーーー!

初めて食べたよ。美味しかったー。

新幹線、はやぶさは速いわ。速すぎ。
もうちょい乗っていたかったもなぁ。

盛岡に着いたら、さっそく冷麺。

で、2時間ほどだらだら散歩して帰ってきました。
盛岡城跡公園ぐるぐる。
汗だくになってホテル戻って、いま部屋風呂のお湯はり待ち。

風呂あがったらビール飲むんだ!

今日は北海道での農業ロケが入らなかったので、このように移動日を満喫しています。

大阪でも仙台でも、温かくて幸せな拍手をたっくさんいただきました。
ご来場の皆さんありがとうございました!!

岩手でも、あんなハッピーに包まれるように。
今日はのんびり休んで、明日の舞台に備えます!








あ、今週日曜のジャンジャンジャンプですが、野球中継のため午後一時からの放送だそうです。

氏家ディレクターがうっかり伝え忘れていたそうですが、サンデーの頃からよくあるらしいね、こういうこと(汗)。
かなり謝っておりました。笑いながら。

仙台で収録しました、よかったら聞いてくださいね。

このページの先頭へ▲

安田顕 安田顕 2015/07/24 12:43 ありがとう仙台

仙台駅新幹線ホーム。

移動のときに、車内で駅弁をいただくのが好き。

牛タン弁当、買っちゃった。

車窓眺めながら、
ビール飲んで、ボーっとして。

旅を感じられる時間です。

『悪童』仙台公演。
昨日、3ステージが終わりました。

あたたかい拍手、心より感謝申し上げます。
真に、ありがとうございました。

また、ね。


駅ホーム、結構ムシムシしていて。
でも、そんなに不快でもなく。
かえって夏を感じます。
去年の夏も、旅してたなぁ、ひとり語りで。
あの時は、バスで巡ってたんだもんなぁ。

乗車。

お弁当いただいて……。
むふふ^_^


いざ、盛岡。


ふぁいと。











このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/07/24 08:38 あ!

っという間の、仙台公演でした。

ご来場、誠にありがとうございました!




連日満席。




この【満席】って、昨今の演劇シーンにとっては、

異常事態といってもいいんですよ。

いや、マジで。



「あ、ありがたい!!(涙涙涙)」



以外の言葉が見つかりません。



なんでもやりますよ。



ほんと、なんでも!




こんなおっさん集団の公演を、

これだけの熱量でもって楽しみにしてくれている……。



はい、異常事態です。



なにしますか?


カーテンコールでモノマネでもしますか?



なんでもしますよ!



こんな幸せな気持ちで、寝ます。




ぐんないまいすうぃーとはにーず。




では、また明日の朝。


このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/07/23 09:20 仙台初日終了!

おかげさまで、大いに盛り上がりました。


で、明日の2ステで仙台は終わり。

ビシっとやりまっせ!


そして昨日は、

来期から別部署へ配置になるマネージャー(アミューズ)の送別会を、

美食倶楽部で行いました。


そのマネージャーには、私は3年お世話になりました。

一抹の寂しさもありますが、

部署が違っても、会えなくなるわけではないので、

今後もお互い張り合うように仕事をしていけたらいいなと思っております。


さて、美食(過食)のせいで、またまた若干体に脂がのってきました。


仙台も猛暑ですが、

本日はきちんとジョギングしてから、劇場に入ろうと思います。


猛暑ジョギング好きなんですよ。


「し、死ぬ……!」


と思いながら走っていると、

わけのわからない快感に襲われる瞬間があり、

それが……たまらない。


Mですな。


でも、身体を鍛えることって、

基本Mの作業なんですよ。(でしょ?)

まさに鍛えている者にしかわからない恍惚な感覚……。


何言いたいかわからなくなってきたので、

本日はこの辺で。



では、また明日の朝。




このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/07/22 07:54 入りましたよ、仙台。

暑い!暑い!暑い!


ま、仙台に限らず、久々の東京もそうだったけれども。



仙台に入って、早速牛タンを堪能。



うま〜〜い。(しゃぶしゃぶ)



ほんとに、全国公演は「グルメ旅」ですわ。



今日はこの辺で。



では、また明日の朝。

このページの先頭へ▲

戸次重幸 戸次重幸 2015/07/21 08:18 ほっと、一息。

久々の自宅。


いつもに比べたらそれほど長く家を空けたわけでもないんですが、

なんだかそう感じてしまいました。



おそらくプレッシャーがあったんでしょう。



お芝居はまさに、お客さんが入って、観ていただいて、

その反応を見て、細かく修正を加えていくもの。


そういった意味では、

『悪童』は大阪で、そのおおよその形ができたと言っても過言はないわけで。


その「最後の芝居作り」の毎日の濃密感がハンパなく、

短いようで長く感じてしまった大阪でした。


ご来場いただいた大阪の皆様、

おかげさまでこのお芝居も形になりました。

そのことも踏まえ、ご来場誠にありがとうございました!



さて、

演出のマギーさんは、仙台公演からしばらくいません。


ここで気をつけなきゃいけない

【地方公演あるある】

は、


「演出家がいなくなった途端、役者が我を出し、

 稽古で積み上げたものと違う芝居になる」


ということ。

具体的には間を取りすぎて、芝居が伸びるなど……。


今回の『悪童』は、本当に緻密な計算(演出)がなされた舞台なので、

いつも以上にここに気をつけねばなりません。

(と、私は思っています)



ただ、そんな緊張感も、この舞台には必要かと。

(と、私は思っています)



おっさん演劇ユニットNACSの、初の挑戦である『悪童』。


絶対に、成功させてみせます!!




では、また明日の朝。



このページの先頭へ▲